歯科の治療を受けて健康的な歯を手に入れよう

for your good teeth

治療可能な歯の状態

ホワイトニングは、色素沈着をキレイに除去し歯を白くする方法として、歯科で人気のある治療です。
色素沈着は、喫煙や食事などから起こります。歯に蓄積された色素沈着は歯磨きで除去することができないため、歯科のホワイトニング治療を受ける必要があります。
過酸化水素が含まれたホワイトニング剤が使用され、歯を白くしていきます。
過酸化水素を歯に塗ると、水と酸素に分解されます。分解された酸素は色素沈着にくっつき、そのまま剥がれていきます。
この働きの際、活性酸素が働きにより色素沈着から歯を守るために、象牙質を歯の表面にカバーをする働きも促すことができるのです。
色素にのみ反応する薬品のため、歯を削ることなく歯を白くする方法です。

歯を白くする方法として用いられているホワイトニングですが、ホワイトニングはどういった歯の状態でも行えるというわけではありません。
入れ歯や差し歯、などの人工の歯には効果がありません。
治療を行った後に自分の歯と人工の歯との色が合わないこともあるため、事前に確認しておく必要があります。
また、色素沈着の種類にもホワイトニング効果が左右されます。
カレーやコーヒー、赤ワイン、タバコなどの着色には効果を発揮し、日常的に歯を白くする方法を行なうことでホワイトニングの効果を高めることができます。
色素沈着を除去するだけで見た目をキレイにするだけでなく、虫歯の予防にも繋げることもできるのです。
ホワイトニングを行なう際は、歯科で歯を白くする方法を相談し、どういった方法が良いのか相談しましょう。